赤ちゃんのあざって大丈夫?

公開日:2016/08/11 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

赤ちゃんのあざって大丈夫?

この記事の目次

  • 赤ちゃんのあざには様々な種類がある
  • 日本人の赤ちゃんに多い「青いあざ」
  • 場合によっては治療も必要?赤ちゃんの「赤いあざ」
  • 「黒あざ」は要注意?
  • 「白いあざ」は治療が必要?

赤ちゃんのあざには様々な種類がある

皮膚の中にあるメラニン色素や毛細血管が増えると皮膚表面に「あざ」となって発生します。
赤ちゃんのあざには先天性のタイプと、後天性のタイプの2種類があります。また、発生した色の違いにより「赤あざ」や「青あざ」「黒あざ」「白あざ」などがあります。今回は色別に、あかちゃんのあざの種類と対処法をご紹介します。

日本人の赤ちゃんに多い「青いあざ」

赤ちゃんの青あざは、主に黄色人種に多いとされている、蒙古斑(もうこはん)と呼ばれるあざです。蒙古斑は先天性に発生するあざで、腕や腹部、お尻などに多く見られます。
個人差はありますが、10歳頃までには多くの場合見えなくなり、特に治療の必要性はありません。

場合によっては治療も必要?赤ちゃんの「赤いあざ」

皮膚の「真皮層」で、毛細血管が増えすぎた場合に現れるのが「サーモンパッチ」と呼ばれる赤いあざ。主に赤ちゃんの額部分や目の周りなどに現れることが多く、3、4歳までに自然と消えることがほとんどです。
赤色が薄く残ってしまう場合もありますが、治療で赤色を消失されることが可能です。気になる場合には皮膚科医に相談してみましょう。

「黒あざ」は要注意?

黒あざは、いわゆる「ほくろ」と呼ばれているもので、自然に消えることはありません。先天性のものも後天性のものもあり、小さければ治療をする必要はありません。
しかし、大きさが6mm以上の場合や、左右が非対称になっている場合には皮膚ガンである可能性も…。気になった時には皮膚科を受診するようにしましょう。治療法としては、外科的手術やレーザー治療が適応されます。

「白いあざ」は治療が必要?

生後まもなく発生することのある「尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)」と呼ばれる白いあざ。このあざは、肌を守るメラノサイトが少なくなっているため生じます。大きな害はありませんが、ビタミンやステロイドを配合した塗り薬、紫外線の照射などで治療が可能です。

あざの種類によって対処法が異なります。自然に消失するものもあれば、放っておくとガンになってしまうものもあるため、赤ちゃんのあざについて悩みがある場合は、早目に皮膚科に相談してみましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。