レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

脇にもニキビができる!? 原因と正しいケア方法とは

公開日:2018/04/13 / 最終更新日:2019/08/22

牧野 輝美牧野 輝美先生

脇にもニキビができる!? 原因と正しいケア方法とは

顔や背中にできることの多いニキビですが、ときに脇にできてしまうことがあります。脇の処理をしているときなどに気が付くと、「なぜこんなところに……?」と思ってしまいますよね。一体、脇のニキビはなぜできてしまうのでしょうか。
今回は、脇にできるニキビの原因やケア方法についてご紹介します。

脇ニキビの原因とは?

・間違った脇毛処理
毛抜きで脇毛を無理に抜いたり、カミソリ処理で肌に負担を与えたりすると、脇にニキビができやすくなります。肌に小さな傷ができ、そこから菌が侵入することでニキビができてしまうのです。

・制汗剤のつけ過ぎ
もともと脇は汗腺や皮脂腺が多く、汗や皮脂がたくさん分泌されています。そのため、臭いを気にして制汗剤をつける方も多いですが、あまりにつけ過ぎていると、パウダーが皮脂の出口を塞いで、毛穴詰まりを招いてしまいます。

・摩擦
脇を必要以上にゴシゴシ強く洗っている方も注意が必要です。間違ったムダ毛処理のときと同じように肌が傷つき、脇ニキビを招いてしまいます。

脇ニキビを防ぐ正しいケア方法

・脇毛処理は優しく行う
脇の皮膚は薄くてデリケートなので、脇毛の処理は優しく丁寧に行うことが大切です。毛抜きを使用すると埋没毛などになってしまうこともあるので、カミソリや電気シェーバーでの処理がお勧めです。カミソリ処理を行う際はシェービング剤を塗り、毛の流れに沿って剃るようにしましょう。

・処理後のケアも忘れずに
脇毛を処理したあとは、化粧水パックがお勧めです。化粧水を染み込ませたコットンを脇に貼り、そのまま2~3分ほどパックしましょう。肌がクールダウンし、開いた毛穴を引き締めることができます。

・脇はたっぷりの泡&手のひらで洗う
脇の汗や臭いが気になるからといって、ムダに力を入れて洗うのはNGです。ゴシゴシと強く洗ったり、硬いナイロンタオルなどでこすったりすると、肌を傷つけてニキビを招いてしまいます。脇は、石鹸の泡を手のひらで優しくすべらせるだけでも十分に洗うことができます。それでも心もとないという場合には、石鹸の泡を脇に乗せて、しばらく待ってから洗い流しましょう。

普段はあまり人には見えない部分ですが、脇のニキビは気になってしまうものです。日々のボディケアを優しく丁寧に行って、ニキビを防いでいきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

この先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-96-5454