レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

シャワーで済ませてない? 春夏も湯船に浸かるべき理由とは

公開日:2017/03/01 / 最終更新日:2019/08/22

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

シャワーで済ませてない? 春夏も湯船に浸かるべき理由とは

汗ばむような陽気の日も増えてきたこの頃。
毎日のお風呂、どうしていますか?

寒い時期は毎日湯船に浸かるのを習慣にしていたけど、暖かくなってきてシャワーで済ませることが増えてきたという方も多いのではないでしょうか。

でも美容のことを考えたら、やはりこれから暑くなる時期にもしっかりと湯船に浸かる入浴がお勧めです。

暑い季節にも湯船に浸かるべき理由

確かに汗や汚れを洗い流すだけならシャワーでも良いのですが、入浴は単に汚れを落とすことだけが大切なのではありません。

冷房が効いた室内で過ごすことや、冷たい食べ物や飲み物を摂ることが増えるこれからの時期は、気づかないうちに身体が冷えてしまいがちなもの。
冷えは血行不良を引き起こし、肌荒れやむくみなどの原因にもなります。
シャワーでは冷えた身体を十分に温めることはできないのです。

また、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることによって、副交感神経が優位になりリラックス効果が得られ、自律神経のバランスを整えることにもつながります。

春夏の入浴で意識したいポイント

・ぬるめのお風呂にゆっくりと
血行促進やリラックス効果を期待するのであれば、40℃以下のぬるめのお湯に10分から15分ぐらいかけてゆっくりと浸かるのがお勧めです。就寝の1~2時間前にぬるめのお風呂に浸かることで快眠につながるとも言われています。

・入浴前後には水分補給を
入浴前にコップ一杯の水を飲むことで入浴中に発汗が促され、代謝の向上デトックスに効果的です。汗で失われた水分をお風呂上りに水を飲むことでしっかりと補給することも忘れずに!

・入浴剤選びも大切!
紫外線を浴びてしまうことも多い春夏の肌は、そのダメージによって乾燥しやすくなっています。保湿成分を含む入浴剤を使うことで肌の潤いを守りましょう。
また、お風呂上りの汗が気になってしまうという方は、夏用の涼感のあるタイプの入浴剤を活用するのも良いでしょう。

忙しいとついついシャワーで済ませてしまいがちなこの時期の入浴ですが、できるだけ湯船に浸かる習慣を身に着けて、健康で美しい肌を保ちたいですね。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。

笠井 美貴子先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474