手遅れになる前に!目元のシワを防ぐ対策方法

公開日:2016/11/29 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

手遅れになる前に!目元のシワを防ぐ対策方法

この記事の目次

  • 目の下のしわが気になる方へ
  • 乾燥を防ぐ
  • メイクにも気を配る
  • 血行を良くする

目の下のしわが気になる方へ

目の周りにある皮膚は、他の皮膚と比べて薄くデリケートです。そのため、乾燥や紫外線はもちろん、パソコンやスマホによる目の疲れ、間違ったメイク落とし方法など、毎日のちょっとしたことが積み重ねとなってシワになって表れてきます。
そこで、今回は目の下のシワを防ぐ対策を再確認した上で、事前にケアできるポイントをご紹介します。

乾燥を防ぐ

目の下の皮膚は薄いため特に乾燥がしやすく、肌のハリや弾力をキープするのが難しいです。乾燥によるシワは放っておくと取り返しのつかない深いシワになってしまう可能性もあります。保湿だけでなく、レチノール配合のクリームを使うなど栄養を取り入れることも忘れずにしましょう。メイクにも気を配る

メイクの中でも特にアイメイクは直接目元に影響するため、肌への刺激が少ないものを選ぶと良いでしょう。メイクそのものが乾燥の原因となってしまうため、濃いメイクは要注意です。メイク落としの際に洗浄力が強いオイルクレンジングを使ったり、ゴシゴシ洗い過ぎたりしてしまうと、肌の潤いまで奪ってしまって乾燥の原因になります。また、メイクを落とす際はいきなり顔全体をクレンジングするのではなく、目元、口元と分けてポイントクレンジングをするようにしましょう。

血行を良くする

目の周りは瞬きや表情で使われるので自然と疲れが溜まり、血行が悪くなってしまいます。そこでホットタオルを使ってみましょう。仕事などで疲れて硬く緊張した目の周りの筋肉をときほぐし、目の血行を促進することができます。

ツボもマッサージと同様、血行を良くする効果があります。ツボを刺激することで体内の循環が良くなり、シワの改善だけでなく「クマ」の解消にもつながります。ツボの刺激もマッサージも継続して行うことに意味があるので、入浴時や入浴後など決まった時間に行い、日々のルーティンに組み込むといいかもしれませんね。
マッサージをすることで目の周りの血行を良くなり、肌細胞が活性化することで肌は生まれ変わります。マッサージはシワの対策だけでなくケアにもなるので正しいマッサージ法を覚えておきましょう。マッサージ用のクリームをまず手の平で温めて柔らかくしてから目の周りに伸ばすところがポイントです。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。