今すぐ実践できるおでこのしわを予防する方法

公開日:2016/12/04 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

今すぐ実践できるおでこのしわを予防する方法

この記事の目次

  • おでこのしわは老けて見える原因に
  • [1]日頃のスキンケアをあなどらない
  • [2]頭皮マッサージをシャンプー時に実践しよう
  • [3]まぶたのたるみを作らない簡単エクササイズ

おでこのしわは老けて見える原因に

おでこにしわができるとどうしても老けて見えてしまうし、だんだん自分に自信がなくなってきてしまいます。できることならおでこにしわができる前に手を打ってしわを予防したいところです。
「だけど、しわ予防ってどんなことをすれば良いの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。難しそうに感じるかもしれませんが、実は意外にもすぐに取り入れられる予防法ばかりなのでぜひ試してみてください。

[1]日頃のスキンケアをあなどらない

乾燥はしわの原因につながるだけでなく、美肌にとっても大敵です。保湿はしわ予防の基本。化粧水・美容液・乳液といったステップで毎日のスキンケアを徹底しましょう。また、コットンに化粧水を染み込ませて、おでこに5分程度貼っておくと潤いもしっかりチャージされます。その後、美容液・乳液で潤いを閉じ込めておきましょう。
さらに紫外線もしわの原因になるので、日焼け止めクリームを活用するなど肌を守ることも大切です。日々のスキンケアや紫外線対策を徹底してしわ予防につとめましょう。

[2]頭皮マッサージをシャンプー時に実践しよう

おでこのしわと頭皮は関係ないのでは? と思うかもしれませんが、頭皮と顔の皮膚はつながっているので実は無関係ではありません。頭皮が固くなってしまうと、おでこに負担がかかり、しわになるともいわれています。ヘアサロンなどのヘッドスパに通うのも予防法の一案ですが、今日からすぐにスタートできるのがお風呂のシャンプー時の頭皮マッサージです。
シャンプーを頭で泡立てたら、指の腹を使って頭の下から上に向かって頭皮をもみほぐすようにマッサージしていきましょう。こうすることで頭皮の固さが解消され、おでこへの負担も軽減できます。

[3]まぶたのたるみを作らない簡単エクササイズ

まぶたにたるみが出てくると、それをカバーしようとおでこに負担がかかり、しわの原因につながります。特に女性はアイメイクを落とす際にまぶたをゴシゴシとこすってしまいがちです。濃いアイメイクでもゆっくりと丁寧に落とすよう心がけましょう。
また、目を閉じたまま眼球をゆっくり回す簡単な目のエクササイズもしわ予防にお勧めです。眼球を回すだけでなく、上下左右に動かすのもいいでしょう。こうしたことを実践し、疲れ目を解消することでしわ予防へとつながっていきます。

どれも今すぐできるものなのでぜひ実践してみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。