レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

毎日楽にプチ断食!? 今、話題の「12時間ダイエット」の方法とは

公開日:2017/10/10 / 最終更新日:2019/08/21

牧野 輝美牧野 輝美先生

毎日楽にプチ断食!? 今、話題の「12時間ダイエット」の方法とは

世の中にはさまざまなダイエット方法がありますが、できれば体に鞭打つようなつらい方法は避けたいですよね。そこでオススメなのが、最近とくに注目されている「12時間ダイエット」です。この「12時間ダイエット」とは一体どんな方法なのか、実際に行うときのポイントとあわせてご紹介します。

12時間ダイエットで痩せる理由

12時間プチ断食をすると、体にさまざまなメリットがもたらされます。中でもとくに期待できるのが「脂肪燃焼効果」です。最後の夕食以降、翌朝まで食事を制限することで、活動のためのエネルギーが足らなくなります。その結果、体に蓄積された脂肪をエネルギーとして消費するようになるのです。
また、12時間プチ断食をすると胃腸機能が回復し「新陳代謝」を活発にします。新陳代謝が向上すると、痩せやすい体質となり、さらに肌や髪を健やかに保てるようにもなります。12時間ダイエットは、ダイエット効果だけではなく、新しい美容法としても支持されているのです。

「12時間ダイエット」の方法と実践ポイント

・朝食を欠かさない
12時間ダイエット中は、起床後2時間以内に朝食を食べましょう。朝食を抜くと体温が低いまま活動モードにならず、代謝が低下してしまいます。

・食事は3回に分ける
1日の食事は必ず3回に分けましょう。規則正しく食べることで過食を防ぎ、胃腸への負担も減らすことができます。

・夕食は20時までに
遅い時間に食事をしてしまうと、吸収したエネルギーを脂肪として蓄積しやすくなります。その理由は、脂肪の合成を促す「BMAL1」というタンパク質が体内に増えるため。夕食はできるだけ20時までに終わらせておくことが大切です。

・水分補給は欠かさずに
夕食が終わってからも、もちろん水は飲んでOKです。むしろ代謝を低下させないために、積極的に水分補給を行いましょう。冷たい水を一気に飲むのではなく、温かい白湯や常温の水を少しずつ、こまめに飲むことを心掛けましょう。

・空腹を感じたら歩く
20時以降何も食べられないと、やはり空腹が気になってしまうこともあるでしょう。そんなときは、短距離でも良いのでウォーキングを行なってみてください。ウォーキングは一時的に血糖値を上昇させ、空腹感を減らしてくれます。

12時間ダイエットの魅力は、きちんと生活リズムを守れば、適度に好きなものを食べられるということ。無理なダイエットをするのではなく、健康的かつストレスフリーな方法で、理想の体を目指してみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2丁目19−12 横浜スカイビル 16F

0120-965-454