レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

曲線美が命! セクシーボディの要「S字ライン」を作るには?

公開日:2018/06/07 / 最終更新日:2022/07/11

大野 由実大野 由実先生

曲線美が命! セクシーボディの要「S字ライン」を作るには?

綺麗な肌や艶やかな髪と同様、いつまでも女性の目標や憧れの的であるのが「セクシーな体のライン」ですよね。そんなセクシーボディラインは、バスト、ウエスト、ヒップの「S字」曲線がいかにキレイに出来ているかがポイント。
今回は、このS字ラインを作るポイントをご紹介します。

S字ラインって?

S字ラインとは、バスト、ウエスト、ヒップのバランスがS字のように曲線になっているボディラインのこと。一昔まえは「ボン、キュッ、ボン」と表現されていましたよね。大きくてハリのあるバストと引き締まったウエスト、そして筋肉のある上向きなヒップは、女性らしい体の象徴とも言えるでしょう。
ボディラインを隠せた秋冬とはちがい、薄着になり肌も露出する春夏はスキンケアだけではなくボディメイクにも力を入れたいもの。では、S字ラインを作るにはどのようなパーツケアが必要なのでしょうか?

バストは丸み・ハリのある上向きを目指して

S字ラインの最初のカーブになるバストは、大きさと並行して位置やハリがあることも重要です。バストアップケアの際には、マッサージによるケアだけでなく筋トレなどを取り入れ、乳腺や大胸筋のトレーニングも取り入れましょう。なかでも、道具や場所を選ばずにできる合掌エクササイズはお勧めです。

1. 背筋を伸ばして姿勢を正し、胸を張る
2. 胸の真ん中で両掌を合わせ、深呼吸をしながらゆっくりと手を押し合う
3. 15~20秒ほど押し合ったら、ゆっくりと力を抜く

これを5回1セット、隙間時間などに行ってみてください。ポイントは、腕の付け根から力を入れるように意識することです。

S字の要はウエストにあり! どんなケアが必要?

S字ラインの最重要ポイント言えば、引き締まったウエストです。ウエストがしっかりとくびれていることで、ヒップとの差も分かりやすくなります。ウエストケアに必要なのは、腹斜筋や腹筋など、ウエスト周りの筋肉を鍛えること。普段の生活から腹筋を意識して力を入れるだけでも筋肉は鍛えられるので、是非取り入れてみてくださいね。フラフープや腰回し運動、また全身運動にもなるラジオ体操なども腰回りを鍛えられるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、ウエストの引き締めに実は効果的なのが「体幹」トレーニング。簡単にできる体幹トレーニング方法をご紹介します。

1. 床にうつ伏せになる
2. 上半身を起こし、両肘を床につける。この時、肘と腕は肩幅より狭い状態にする。
3. 体制をキープしたまま、つま先で体を支え下半身も起こす
4. 体のラインが一直線になるように腹筋やお尻に力を入れ限界までキープ

最初は数十秒しか出来なくても、毎日行っていくうちに自然と秒数も伸びてくるはず。お風呂上りのエクササイズなどに取り入れてみてくださいね。

S字ボディは、日々のボディケアの積み重ねがあってこそ作ることができます。夏場には自信を持ってボディラインが出せるよう、今からケアを始めてみてはいかがでしょうか?

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

大野 由実先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422