レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

乾燥も原因に! 気になる「顔のテカリ」を防ぐには?

公開日:2017/01/10 / 最終更新日:2019/08/20

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

乾燥も原因に! 気になる「顔のテカリ」を防ぐには?

「夕方、ふと鏡を見ると鼻の頭やおでこがテカっていてショック!」
なんて経験のある方は多いのではないでしょうか。

だんだん気温が上がってくるこれからの季節は、特にテカリが起こりやすくなる時期です。

顔のテカリの原因やテカリを抑えるための対策について、美容皮膚科 シロノクリニック銀座 笠井美貴子副院長がお伝えします。

顔がテカる原因は「皮脂」の過剰分泌

顔のテカリは、皮脂の分泌が増えることによって起こります。皮脂は肌を保護するために必要なものですが、必要以上に分泌され肌表面の水分と油分のバランスが崩れると「テカリ」となってしまうのです。

皮脂の過剰な分泌は、本来の肌質による場合もありますが、肌の乾燥が原因になる場合もあります。肌が乾燥すると、肌表面からの水分蒸発を防ぐために皮脂の分泌が盛んになるためです。

また、ストレスや生活習慣などの影響で男性ホルモンが増えることでも皮脂の分泌が高まります。

顔のテカリを抑えるためには?

顔のテカリを抑えるためには、以下のようなことに気をつけましょう。

・食習慣を見直しましょう
揚げ物やスナック菓子など、油っこいものを食べすぎると皮脂の分泌が盛んになります。お酒を飲んだ時も同様です。油っこい食事や飲酒を少し控え目にするだけでも、テカリが抑えられる場合があります。また、食事からビタミンA(βカロチン)や、ビタミンB2などをしっかりと摂ることも、バランス良い肌の状態を保つために大切です。

・皮脂の取り過ぎに注意!
テカリが気になるからと過剰に洗顔したり、あぶらとり紙でこまめに皮脂を取ったりすると、肌に必要な皮脂までも落としてしまい、さらに皮脂の分泌が過剰になってしまう原因になります。洗顔は1日に1~2回に抑え、化粧直しの際にはあぶらとり紙を使わずティッシュで軽く押さえる程度にしましょう。

・テカリが気になる部分こそしっかり保湿
Tゾーンや小鼻の周りなど、皮脂腺が多くテカリが気になりやすい部分はあまり保湿しない方が良いと思っていませんか? 上でもお伝えしましたが、乾燥が皮脂分泌を増加させる原因になっていることも多いものです。テカリやすい部分こそ、丁寧な保湿を心掛けましょう。

暖かくなるこれからの季節、皮脂の分泌はどうしても増えてしまうもの。対策できることはできるだけ取り入れて、テカリのない肌で過ごせるようにしたいですね。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。

笠井 美貴子先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-997-474