レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

美肌効果も期待できる? おからダイエット

公開日:2019/06/06 / 最終更新日:2022/05/20

佐藤美佐藤美先生

美肌効果も期待できる? おからダイエット

ダイエット中はカロリーを気にして食事の量を減らしたり甘いものを控えたりと、ストレスを溜めてしまいがちです。おなかをしっかりと満たしてくれて味も満足できるものを摂り入れたい方にお勧めの食材がおからです。ダイエット効果だけでなく、美肌効果も期待できるおからはまさに女性の味方です。

ここでは、おからの魅力やダイエットに適している理由をご紹介します。

おからの種類

おからとは豆腐を作る際に出る大豆のしぼりかすのことで、卯の花(うのはな)とも呼ばれます。おからには3つの種類があり、用途や好みによって使い分けられます。

【生おから】
スーパーの惣菜コーナーや豆腐屋さんで販売されているおからのほとんどが生おからです。豆乳の水分が残ってしっとりとした食感のため、ポテトサラダやコロッケ、和え物などに向いています。
水分を多く含んでいるため日持ちしないという難点があるので、買ったその日に使い切るか冷凍保存しておきましょう。

【乾燥おから】
乾燥おからは生おからの水分を飛ばして乾燥させたもので、生おからよりも日持ちが良いのが特徴です。
おからの粒感は残っているため、パン粉の代わりにハンバーグのタネに使ったり、水で戻して生おからのように使用したりできます。

【おからパウダー】
乾燥おからと同様におからの水分を飛ばし、粒感をなくしたものがおからパウダーです。キメが細かくサラサラとしたおからパウダーは、お好み焼きや蒸しパン、パウンドケーキなど、おかずからスイーツまで幅広く使用できます。また、賞味期限が長い点も頻繁におからを摂り入れたい方にとってうれしいポイントです。

おからの持つダイエット効果

おからは豆腐を原料とした低カロリーの食材として知られていますが、糖質も100gあたり2.3gほどと低く、糖質を制限している方にもお勧めです。そのうえ、一般的に食物繊維が豊富といわれるごぼうやさつまいもといった食材の3倍以上の食物繊維を含み、少量でも満腹感を得られるというメリットがあります。食物繊維を十分に摂取することで、血糖値の上昇を抑えて糖が脂肪に変わるのを防げます。また、大豆オリゴ糖が腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を整える効果もあります。

さらに、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンも豊富に含むため、肌トラブルやシミの緩和などの美肌効果も期待できます。

糖質が少なくさまざまな料理に活用できるおからは、ダイエットの心強いパートナーとして最適の食材です。スーパーや豆腐屋さんに行けば安価で手に入るため、毎日の食事に気軽に摂り入れやすい点も魅力的です。しっかりとおなかを満たしながらダイエットを行いたい方はぜひ、おからダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

佐藤美

佐藤美先生さとう よしみ

シロノクリニック恵比寿

結果に差を出すエキスパート 技術の高さや経験はもちろん、髙いセンスも重要視される美容医療。そのすべてに長けている精鋭のドクター。ホスピタリティの気持ちを忘れず、きめ細かな対応で患者さまの笑顔のためなら努力を惜しみません。

佐藤美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422