レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

女性美の象徴「デコルテ」がたるむ原因とケア方法

公開日:2017/11/08 / 最終更新日:2019/08/19

徳永 真理徳永 真理先生

女性美の象徴「デコルテ」がたるむ原因とケア方法

デコルテは女性の魅力を引き立ててくれるパーツです。しかし正しいケアができていないと「たるみ」が発生し、見た目年齢を引き上げてしまいます。女性らしい美しさを保つためにも、デコルテのたるみの原因とケア方法を詳しく探ってみましょう。

デコルテがたるむ原因とは?

・加齢
加齢によって真皮層の「コラーゲン」や「エラスチン」が減少すると、肌の弾力性がなくなり、たるみが発生します。また、加齢による筋肉の衰えもデコルテのハリに悪影響を与えます。

・乾燥
デコルテの皮膚は薄く、乾燥しやすい状態にあります。皮膚の水分が不足すると伸縮性がなくなるため、シワやたるみができやすくなるのです。

・紫外線
紫外線は、肌にとってとても重要な「コラーゲン」や「エラスチン」を破壊するうえに、これらを作る細胞にもダメージを与えます。肌の弾力が失われるばかりか、シミやしわもできやすくなるので注意が必要です。

・高さのある枕
高すぎる枕を使用していると、デコルテ部分の皮膚が引っ張られたり曲がったりと、デコルテに大きな負担がかかることになります。その負担が毎日蓄積されることにより皮膚が伸びて、たるんだデコルテとなってしまうのです。

・猫背
猫背によって顔を突き出した体勢を続けていると、デコルテの前部分の皮膚が伸びてたるんでしまいます。さらに猫背はバストダウンや顔のたるみ、ほうれい線の原因にもつながります。悪い姿勢は、早めの改善を心掛けましょう。

たるみを予防するデコルテケア

・優しく洗うことを心掛けて
デコルテは汗をかきやすいパーツなので、きちんと洗って清潔に保つことが大切です。ただし、デコルテ部分の肌はとてもデリケートなので、ゴシゴシ洗いは禁物。石鹸の泡を手のひらで伸ばすように、優しく丁寧に洗いましょう。敏感肌、乾燥肌の方は洗顔料を使い、顔と同じように洗うことをお勧めします。

・顔と同様丁寧なスキンケアで保湿を
乾燥しがちなデコルテは、顔と同じ化粧品で保湿をしましょう。顔に化粧品をつけるのと同時に、首にも丁寧に塗ってあげてください。オールインワン化粧品を使うと何度も重ねる必要がないので、時間がないときや手間を省きたいときに便利です。

・紫外線対策をしっかりと
顔に日焼け止めを塗る際は、首にも伸ばしてしっかりと紫外線をブロックしましょう。さらにその上からストールを巻いておくと万全です。

・デコルテマッサージで血行促進!
血液やリンパの流れが滞ると、老廃物が溜まって、たるみが発生してしまいます。マッサージで老廃物を排出し、イキイキとしたデコルテに整えましょう。

1. オイルやクリームをデコルテに塗る
2. 鎖骨の下を、内側から外側に向かって5回なでる
3. 耳の後ろから鎖骨に向かって5回なで下ろす
4. 鎖骨の上に親指以外の指先を当てて、5回プッシュする
5. 2~4の動作を3回ほどくり返す

美しいデコルテは女性の大きな武器となります。これから来たる夏に向けて、今からデコルテのケアをしっかりと行っていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

徳永 真理

徳永 真理先生とくなが まり

シロノクリニック銀座

「手術をしない美容医療によって、美しくすることができる」ところに魅力を感じて、美容皮膚科へ。注入箇所・量、デザインの精密な見極めが要求される、ボトックスやヒアルロン酸注入を得意としています。シロノクリニックのリーダー的存在、全治療のエキスパートです。

徳永 真理先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474