化粧ノリもアップする「顔脱毛」で施術が可能な範囲とは?

公開日:2020/04/15 / 最終更新日:2020/05/20

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

化粧ノリもアップする「顔脱毛」で施術が可能な範囲とは?

近年人気の顔脱毛ですが、「どの範囲まで脱毛できるの?」と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。濃い産毛が気になっているパーツがきちんと脱毛できるのか、不安な点もあるかと思います。そこで今回は、顔脱毛で施術が可能な範囲をご紹介します。

顔脱毛で施術が可能な範囲とは

目の周り以外は基本的に脱毛可能

顔脱毛の範囲はクリニックによって異なりますが、基本的には目の周り以外は施術が可能です。フェイスラインより内側にある、「額、眉間、眉上、眉、頬、もみあげ、鼻下、あご」が、一般的に脱毛できる箇所になります。顔全体のセット脱毛だとフェイスラインより内側(目周り以外)のすべてになりますが、鼻下や頬だけなど、パーツ別に施術を受けることもできます。

顔脱毛のパーツごとの範囲

額は広範囲に産毛が生えるため、脱毛する方が多いパーツです。脱毛できる範囲は、髪の生え際の周辺までになります。生え際ギリギリまで脱毛すると違和感が出るため、生え際の産毛は少し残すのが一般的です。

眉周囲

眉周りの脱毛は、眉のお手入れが簡単になることがメリットです。眉外1cm周囲まで脱毛可能ですが、眉下は目に近いため、基本的にはレーザーを照射できません。

頬は、目の下~小鼻横~耳の下の範囲になります。この部分を脱毛することでメイクのりが良くなり、肌の色も明るく見えるというメリットがあります。最近では、もみあげをデザインされる方も多く、人気の高いパーツとなっています。

鼻下

鼻の下の産毛やひげに悩まされている女性は意外と多く、脱毛される方が増えてきています。男性のひげ脱毛は耳の下から喉仏までと広範囲ですが、鼻下だけの施術なら女性でも受けやすく、低コストで脱毛できます。

口の周り

口の周りの脱毛は、鼻の下~鼻唇溝(ほうれい線)~あご先まで照射します。鼻の下だけでなく、口の横や下も気にしている方にお勧めです。

あご

あごは濃い産毛が生えやすいため、脱毛をおこなうことでお手入れが楽になります。唇の下~あご先までが脱毛可能な範囲です。

鼻毛や髪の毛は脱毛できない

顔脱毛では目の周囲以外の施術が可能ですが、鼻毛や髪の毛は脱毛できません。鼻の中は皮膚ではなく粘膜のため、対応できないのです。また、髪の毛は毛根が大きく、レーザーを照射すると熱が集中して火傷を起こす恐れがあります。額だけでなく、もみあげなども髪の毛部分は脱毛できないので注意しましょう。

顔脱毛をすると化粧ノリが良くなり、メイク崩れも起こしにくくなります。また、産毛がなくなれば肌色がワントーン明るくなり、透明感もアップします。濃い産毛がコンプレックスの方も、顔脱毛で解消されてみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。