美肌作りにも摂り入れたい! 卵の持つ美容効果とは

公開日:2020/03/28 / 最終更新日:2020/05/23

大野 由実大野 由実先生

美肌作りにも摂り入れたい! 卵の持つ美容効果とは

「自宅の冷蔵庫に卵を常備している」「普段から卵を使った料理をしている」という方も多いのではないでしょうか。日本人にとって身近な食材である卵は、健康だけでなく美肌作りにも効果的です。
今回は、卵の持つ美容効果やお勧めの摂り入れ方をご紹介します。

■ニキビにも効果的? 卵が持つ美容効果

筋トレ中の方に人気が高いイメージのある卵ですが、実は美容効果も期待できます。卵に含まれる成分と、その効果について見てみましょう。

・肌の細胞を作るたんぱく質

私たちの肌は、ターンオーバーという細胞の生まれ変わりを繰り返しながら健やかな状態に保たれています。ターンオーバーが乱れてしまうと、肌の乾燥や毛穴の開きが気になったり、ニキビ跡が治りづらくなったりといった、さまざまな肌トラブルを引き起こしやすくなります。

肌のターンオーバーを正常にするには、細胞の生まれ変わりを促すビタミンやたんぱく質の摂取が重要です。卵には良質なたんぱく質が多く含まれており、卵1個で約6gのたんぱく質を摂取できます。

・ツヤやハリを与えるコラーゲン

健康的で若々しい肌を保つためには欠かせないコラーゲンですが、年齢とともに減少してしまいます。

卵には、コラーゲンの生成を助ける数種類の必須アミノ酸がバランス良く含まれているので、肌のツヤやハリを保ちたい方にお勧めです。

・肌の炎症回復を期待できるビオチン

卵の黄身に含まれるビオチンというビタミンは、健康な皮膚や粘膜を維持する働きを持っているため、白髪や抜け毛、爪割れの予防に効果的です。また、抗炎症物質を生成しアレルギーや肌の炎症を緩和する力もあります。

■お勧めは半熟? 卵を食べて美肌を手に入れよう

卵のたんぱく質やビタミン、ビオチンなどは調理法によって体内への吸収率が変化します。

例えば、たんぱく質の吸収率は生卵を食べた場合で約50%なのに対して、半熟卵の場合は約90%まで上がります。卵黄に含まれている栄養素は熱により失われてしまうものもありますが、半熟卵ならそれを抑えることも可能です。

また、卵にはビタミンCや食物繊維は含まれていません。より効率良く栄養を摂り入れるなら、ビタミンCを含む野菜やフルーツ、食物繊維を多く含むさつまいもや海藻、納豆やヨーグルトなどの発酵食品と食べるようにしましょう。

肌のターンオーバー促進やダメージ修復の効果が期待できる卵は、美肌を目指す方の強い味方です。毎日の食事に摂り入れて、健やかな美しい肌を目指しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。