「肌が明るい」ってどういう意味? 目指すためのケア方法4つ

公開日:2020/03/18 / 最終更新日:2020/05/23

徳永 真理徳永 真理先生

「肌が明るい」ってどういう意味? 目指すためのケア方法4つ

美容系のメディアなどでは、“明るい肌は美しい”と称されています。では、「肌が明るい」とは、どういう意味を指しているのでしょうか? どのような肌を明るいというのか、実際に明るくみずみずしい肌を保つケア方法と一緒にご紹介します。

「肌が明るい」の意味とは

「明るい肌」とは、一般的にくすみがなく、透明感がある肌のことを指します。顔色が良く、透き通るような肌こそ、ワントーン明るい状態といえるでしょう。皆さんも経験があるかと思いますが、「今日は肌の調子が良い!」という日は、肌が自然と明るく見えます。そんな状態をキープするためには、毎日のお手入れ方法を見直すことが大切です。

明るい肌を目指すためのケア方法

角質層に水分をしっかり蓄える

肌が乾燥していると、キメが乱れて細かな凸凹ができ、暗い影を落としてしまいます。これを防ぐためには、十分な保湿をおこない、角質層に水分をしっかり蓄えることが大切です。化粧水で水分をしっかり補ったら、保湿効果の高いゲルやクリームでうるおいを閉じ込めましょう。

積極的な温活で血行を促す

血行不良は、肌がワントーン暗く見える原因になります。血液の赤みが減ったり、肌に栄養が届かなくなったりする影響で、どんよりとくすんだ顔になってしまうのです。そんな血行不良対策には、積極的な温活がお勧めです。薄着を避ける、ストレッチなどで体を動かす、お風呂では湯船にじっくりつかるなど、こまめな温活ケアを心掛けましょう。

古い角質を取り除く

肌の表面に古い角質が溜まっていると、透明感がなくなり、くすんで見える原因になります。拭き取り化粧水やピーリング化粧品などを利用して、古い角質を取り除きましょう。過度の角質ケアは乾燥を引き起こすので、正しい頻度で優しくおこなうことが大切です。

メラニンケアをする

顔が茶色くくすんでいるなら、シミの元にもなるメラニンが溜まっている可能性があります。この場合は、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸など、メラニンの生成を抑える成分配合の化粧品によるケアが効果的です。即効性を求めるならフォトシルクプラスなど、美容皮膚科での治療をお勧めします。

産毛を処理する

産毛を放置していると、毛やその影のせいで肌がワントーン暗く見えてしまいます。定期的に産毛処理をおこない、明るい肌を目指しましょう。カミソリを使う場合は、必ずシェービンググリームなどで肌を保護してから剃るようにしましょう。

肌がワントーン明るいと、自然と若々しく見えるもの。ご紹介したようなケアで、いつまでも美しく明るい肌をキープしていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

徳永 真理

徳永 真理先生とくなが まり

シロノクリニック銀座

「手術をしない美容医療によって、美しくすることができる」ところに魅力を感じて、美容皮膚科へ。注入箇所・量、デザインの精密な見極めが要求される、ボトックスやヒアルロン酸注入を得意としています。シロノクリニックのリーダー的存在、全治療のエキスパートです。