レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

いびきの原因は枕!? 2つの意外な関係性と正しい枕の選び方

公開日:2018/12/07 / 最終更新日:2022/06/02

大野 由実大野 由実先生

いびきの原因は枕!? 2つの意外な関係性と正しい枕の選び方

いびきをかく原因は人それぞれですが、就寝中に使う枕がいびきの原因になっていることがあります。自分に合っていない枕を使用していると、いびきがひどくなる恐れがあるのです。
一体なぜ、枕がいびきの引き金になるのか、自分に合った枕を選ぶ方法とあわせてご紹介します。

いびきの原因は枕!? いびきと枕の関係性とは

・枕が合っていないと気道が狭くなる
枕が自分に合っていないと、就寝中に呼吸をする際気道が狭くなって振動し、いびきをかきやすくなります。いびきをかかないために重要なのは「枕の高さ」です。枕が高いと首が折れ曲がり、気道が狭くなります。
一方、枕が低い場合も舌が下に落ち込むため、気道が狭くなります。枕が高すぎても低すぎても、いびきの原因になってしまうのです。また、枕の高さ次第では神経の調節機能に乱れが生じる恐れがあります。そのことも、いびきの増悪に関係しているといわれています。

いびきを防ぐための枕の選び方

先述している通り、いびきを防ぐためには、枕の高さに注意する必要があります。いびきを防ぐためにも、自分に合った枕を選ぶ方法をチェックしてみましょう。

・横向き寝でフィットする枕を選ぶ
仰向けよりも横向きで寝ると、気道が確保されるためいびきをかきにくくなります。枕を選ぶときは、自然と横向きの体勢がキープできるようなフィットする枕を選びましょう。なお、枕を購入するときは販売店などで実際にベッドに横になり、頭に枕を当てて確認することをお勧めします。仰向け寝のときよりも5mm~1cmほど高めの枕を選ぶと、横向きで寝やすくなります。

・タオルで自分に合う高さを調べる
店頭で確かめるのが難しい場合は、タオルを使って自分に合う高さを調べてみましょう。まずはバスタオルを4つ折りにして、現在使用している枕の下に置いて寝てみます。これでいびきが軽減された場合は、現在の枕より高い枕がいいということになります。
逆にいびきがひどくなった場合は、バスタオルだけで寝てみましょう。それでいびきが改善されたなら、現在使用している枕より低い枕がいいということになります。この高さを基準にして枕を選べば、いびきの軽減につながるでしょう。

ひどいいびきが続くと周りに迷惑をかけるだけでなく、就寝中の呼吸が浅くなって自分の健康にまで影響を及ぼす恐れがあります。まずは枕の高さから見直して、いびきの改善を図ってみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

大野 由実先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422