レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

きゅうりに秘められた美容に効果的な栄養素は?

公開日:2017/11/23 / 最終更新日:2019/08/08

牧野 輝美牧野 輝美先生

きゅうりに秘められた美容に効果的な栄養素は?

きゅうりは、夏野菜の代表格といっても過言ではありません。安価で手に入りやすいため、夏場は毎日のように口にしているという人も多いことでしょう。きゅうりはシャキシャキとした食感やみずみずしさからわかるように、成分のほとんどが水分です。
それではきゅうりは美容にどんな効果が期待できるのでしょうか?

きゅうりの栄養素

きゅうりは栄養素に乏しい野菜だと認識している人は多いかもしれませんが、きゅうりの栄養素はゼロというわけではありません。実は、きゅうりにはベータカロテン、ビタミンC、カリウムなどの栄養素が含まれています。ベータカロテンは色の濃い野菜に多く含まれていることが特徴で、きゅうりの場合は皮の部分に含まれています。
きゅうりを調理する際は、手間がほとんどかからず、皮ごと美味しく食べることができる野菜です。皮が固くて嫌だという人は、成長し過ぎたきゅうりを食べている可能性があります。できるだけ、旬の時期に栽培されたきゅうりを食べるようにしましょう。栽培法にこだわって作られているきゅうりを選べば、安心してまるごと食べられます。

きゅうりを食べることで得られる効果

きゅうりに含まれているカリウムは、体内の余分な水分を調節して体外へ排出する作用を持っています。ただ、カリウムは尿と一緒に排出されてしまうため、積極的に摂取しないと失われやすい栄養素のひとつです。外食が多い人や、濃い味付けが好きな人は知らず知らずのうちに塩分をとりすぎている恐れがあります。人間の体は過剰に塩分を摂取すると、体液の濃さを調節するために体内に水分を多くとりこもうと働いて、むくみの原因となることがあります。むくみは見た目に影響を及ぼすだけでなく、放置しておくと代謝が悪くなって脂肪がつきやすい体へと変化してしまうため、早急に対処することが必要です。
また、夏に旬を迎える野菜の特徴として、きゅうりを摂取することで体が冷えることを覚えておきましょう。きゅうりを過剰に食べすぎればいたずらに体を冷やしてしまう可能性がありますが、適度に食べる分には夏にぴったりの野菜だといえます。冷たい飲み物で体を冷える、冷房の効いた部屋に閉じこもることが嫌な人は、夏の暑い盛りにきゅうりを食べてみてはいかがでしょうか?

きゅうりを使った美容に効果的なレシピ

きゅうりを使った美容に効果的なレシピが、きゅうりとわかめの酢の物です。献立に加えることで食欲の増進を抑え、便秘を防止する効果が期待できます。
きゅうりには水分が多く含まれ、わかめにはたくさんの食物繊維が含まれています。そして、酢には血糖値の低下をおさえて食欲を抑制し、腸内環境を整える作用があります。きゅうりもわかめもほとんどカロリーがないため、ダイエット中のメニューとしてうってつけです。
作り方はとても簡単。塩もみしたきゅうりに、わかめ、酢、砂糖を味見しながら加えるだけで作れます。

健康や美容に役立つきゅうり、さまざまな料理で食卓にのせてみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-965-454