おやつに最適。ダイエット効果抜群の「ドライいちじく」を食べよう

公開日:2019/05/31 / 最終更新日:2019/07/30

伊藤 志奈伊藤 志奈先生

おやつに最適。ダイエット効果抜群の「ドライいちじく」を食べよう

ダイエット中でも、おやつの時間には甘いものを食べたいと思いますよね。それなら、いちじくのドライフルーツをダイエット中のおやつにしてみませんか。
乾燥したいちじくにはさまざまな栄養素が含まれているため、ダイエットや美容に嬉しい効果が期待できるのです。ドライいちじくにはどのような魅力があるのか、お勧めの食べ方や注意点をあわせてご紹介します。

いちじくのドライフルーツに期待できるダイエット効果

便秘を改善する
ドライいちじくには、ダイエットの大敵である便秘を改善する効果が期待できます。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く含まれているため、腸内環境を改善し、排便を促してくれるのです。

糖質と脂質の吸収を穏やかにする
いちじくに含まれている水溶性食物繊維は、糖質や脂質の吸収を穏やかにする働きがあります。血糖値やコレステロール値の上昇を防ぐことで、脂肪の蓄積の予防につながります。

糖質と脂質の代謝を促す
ドライいちじくには、糖質や脂質の代謝を促すビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は体脂肪になりやすい糖質や脂質をすばやくエネルギーに変換してくれるため、太りにくい体を維持することができるのです。

女性のホルモンバランスを整える
いちじくには、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが含まれています。ダイエットをするとホルモンバランスが乱れがちになりますが、いちじくを食べることでそれを防ぐ効果が期待できます。

食べすぎやストレスを防ぐ
ドライいちじくは生のいちじくより噛みごたえがあり、甘みも強いのが特徴です。1つでも十分な満足感が得られるため、空腹感による食べすぎや、ダイエット中のストレスを防ぐことができます。

ダイエットに適したドライいちじくの食べ方は?

1日に3~4個までに
ドライいちじくは栄養豊富でダイエットにも最適ですが、食べすぎると糖質の摂りすぎになり、かえって太る原因になってしまいます。食べる量は、1日に3~4個までにしましょう。

おやつやデザートとして食べる
おやつにドライいちじくを食べると、空腹感が和らぎ、ストレスやその後のドカ食いを防ぐことができます。また、食後のデザートとして食べてもOKです。いちじくにはタンパク質の消化を促すフィシンという成分が含まれているため、胃もたれや二日酔いの予防にも役立ちます。

女性に人気のドライフルーツの中でも、ドライいちじくは甘みが強く、食べごたえもあります。ダイエット中に甘いものが食べたいと思ったら、ドライいちじくを選んでみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

伊藤 志奈

伊藤 志奈先生いとう しな

シロノクリニック銀座

継続は力なりをモットーに無理のない施術プランを患者さま目線でご提案します。 繊細な目の周りの施術はお任せください。