治った傷が傷跡として残ってしまう原因とは

公開日:2016/05/11 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

治った傷が傷跡として残ってしまう原因とは

この記事の目次

  • 傷跡がコンプレックスに…
  • 火傷による傷跡
  • 裂傷による傷跡
  • 手術による傷跡
  • その傷跡、消えるかも?

傷跡がコンプレックスに…

火傷や裂傷、縫合後など、「傷跡」にも様々な種類があります。傷跡が人目につく部分である場合、傷跡がコンプレックスになってしまう場合も…。
そもそも傷跡は、なぜ残ってしまうのでしょうか?その理由を「火傷」「裂傷」「手術による傷」の3つに分けてご紹介しましょう。

火傷による傷跡

火傷は程度によって様々ですが、火傷の跡の中でも「こどもの頃の火傷の跡が、大人になって目立ってきたケース」が美容外科の相談で多く挙げられます。
皮膚の深部にまで到達するほどの重症な火傷の場合、皮膚の再生に時間がかかります。そして、皮膚が再生した後でも「ケロイド」として火傷の跡が残ってしまうことも。ケロイドは、自然治癒することがないため、体表にいつまでも残ってしまいます。
また、ケロイドは体質によっても左右されます。そのため、同じ程度の火傷でも、火傷の跡がケロイドになって残りやすい人と、ケロイドにならずに治癒する人がいるのです。

さらに、こどもの頃に発生したケロイドは、体の成長によって皮膚が引き伸ばされることで、成長に伴い目立ってしまうケースが多いのです。

裂傷による傷跡

刃の鋭いナイフや包丁による「裂傷」は、傷ついた部分の皮膚のみが白い線のように残るのが特徴です。
この白い傷跡は、皮膚の奥、真皮にまで傷が到達してしまったために、傷部分の皮膚が上手く再生せず、色素の薄い皮膚を形成してしまうことが原因です。

手術による傷跡

手術後の傷跡は、おおよそ1年ほどで治癒しますが、傷跡が赤くミミズバレの様に傷跡が残ってしまうことがあります。このミミズバレは「肥厚性瘢痕」と呼ばれ、悪化すればケロイドになってしまうこともあります。
これは、傷跡を塞ごうとコラーゲンが過剰に分泌されてしまうことが原因です。

また、手術による傷跡の特徴として、「切る方向」によって傷の残り方が異なることが挙げられます。たとえば帝王切開の場合、横方向にメスを入れる方が、傷跡が残りづらいとされています。

その傷跡、消えるかも?

「火傷」「裂傷」「手術による傷」の3つの傷が残ってしまう原因について紹介しましたが、レーザー治療によって消すことができる傷跡もあります。
気になる傷跡がある方は、レーザー治療を行っている美容外科クリニックをチェックしてみましょう。あなたのコンプレックスが、解消されるかもしれません。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。