ほうれい線のたるみの原因と対策方法

公開日:2016/12/26 / 最終更新日:2020/12/21

城野 親徳城野 親徳総院長

ほうれい線のたるみの原因と対策方法

この記事の目次

  • 年を重ねるごとにはっきりしてくるほうれい線
  • ほうれい線のたるみを引き起こす原因は?
  • ほうれい線のたるみには、水分補給とエクササイズ
  • 体重の増減もほうれいせんに影響?

年を重ねるごとにはっきりしてくるほうれい線

鼻から口角に向かって八の字を描くように伸びるほうれい線は、年を重ねるごとに徐々に深くなり目立つようになります。

ほうれい線を目立たせてしまう大きな原因は皮膚の「たるみ」にあります。一度できてしまったほうれい線は解消することはできないのでしょうか?

ほうれい線のたるみを引き起こす原因は?

ほうれい線がたるむ原因の一つに表情筋の筋力低下があげられます。表情筋は表情を作る時に働く筋肉であり、目や鼻の開閉などにも関わっています。
日常生活で私たちが使用する表情筋は全体の30%程度とされており、意識的にトレーニングをしないと衰えてしまいます。

ほうれい線のたるみには水分補給とエクササイズ

ほうれい線対策は早めに行うのがポイントです。自分でできるほうれい線のたるみケアには、肌の水分補給とエクササイズが効果的です。

・肌の水分補給
乾燥しがちな口の周りはしわになりやすいのが特徴です。毎日のお手入れでは化粧水や乳液で潤いを補充し、乾燥が気になる時にはいつでも潤いを与えられるようミストなどを携帯するよう心掛けましょう。

・ほうれい線予防エクササイズ
空気を口の中に含ませ、頬を思い切りふくらませます。3回繰り返したら今度は「い」の発音をするイメージで口角を左右に伸ばしては戻す、という動作を10回繰り返しましょう。最後に「う」の発音のイメージで口をすぼめて前につき出す動作を同様に10回行います。

体重の増減もほうれいせんに影響?

ほうれい線のたるみを防ぐためには体重の増減にも注意が必要です。体重の増加により顔の脂肪が増え、その重さで顔の皮膚が下がってしまいます。
また、急激なダイエットによって脂肪だけが燃焼されてしまうと皮膚の短縮が追い付かず、頬の皮膚がたるんで、ほうれい線のしわが深くなる場合も…。

このほかにも紫外線や睡眠不足、偏った食生活もたるみを悪化させる原因となります。
ほうれい線周辺だけでなく、自分の身体や生活習慣も見直して、ほうれい線のたるみ対策を行いましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。