まぶたのくすみの原因は? 透明感を取り戻すくすみ解消法

公開日:2020/04/15 / 最終更新日:2020/05/20

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

まぶたのくすみの原因は? 透明感を取り戻すくすみ解消法

年齢を重ねるごとに気になり始める、まぶたのくすみ。「目元がくすんでいるせいで、素顔に自信が持てない……」と悩む女性も少なくありません。どうしてまぶたがくすんでしまうのか、考えられる原因を解消方法と一緒にご紹介します。

まぶたのくすみの原因とは

まぶたが茶色くくすんでいる場合、色素沈着が原因だと考えられます。茶褐色のメラニン色素が増えることで、まぶたの透明感が失われてしまうのです。
そんな色素沈着を引き起こす要因となるのが、目元への摩擦です。まぶたをこすると摩擦ダメージから皮膚を守るために、メラニン色素が過剰に生成されてしまいます。目元を頻繁にこすってしまう方、アイメイクのクレンジングが正しくできていない方は、色素沈着によるくすみが起きやすいでしょう。

まぶたのくすみを解消する方法

メラニンにアプローチする化粧品を使う

色素沈着の改善には、メラニンにアプローチするケアが効果的です。自宅でケアする場合は、メラニンの生成を抑える成分の「浸透型ビタミンC(APPS)」や「WHITE377」配合の化粧品を使うと良いでしょう。目元の皮膚は薄くてデリケートですので、余計な力が入りにくい薬指を使って、少しずつやさしくなじませることがポイントです。

アイメイクのクレンジング方法を見直す

アイメイクをゴシゴシとこすって落とすと、まぶたのくすみが悪化しやすくなります。マスカラやアイライナーはもともと落ちにくい性質を持っていますので、専用のリムーバーを使って丁寧に落としましょう。

■まぶたの色素沈着を防ぐアイメイクの落とし方

  1. ポイントメイク専用のリムーバーを、コットンに500円玉大含ませる
  2. 目元にコットンを置き、マスカラが柔らかくなるまで10~30秒ほどそのままにする
    ※コットンを置く時間は、マスカラの性質にあわせて調節しましょう。
  3. アイメイクをコットンでなでるように落とす
  4. ひと拭きで落としきれなかったアイメイクは、リムーバーを含ませた綿棒で少しずつ丁寧に落とす

目のかゆみを防ぐ

「目がかゆくて、ついついこすってしまう」という方は多いもの。しかし、摩擦による刺激が度重なると、くすみが解消されません。アレルギーで目がかゆい場合は目薬で症状を抑えるなど、適切な処置をおこないましょう。花粉やハウスダストなどのアレルギー物質をなるべく排除することも、かゆみの予防につながります。

まぶたにくすみが生じると、疲れているように見えるだけでなく、見た目年齢が上がる原因にもなります。明るく若々しい目元を取り戻すために、ちょっとしたことから気をつけていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。