シミ対策には米ぬか洗顔が効く? 正しいやり方と注意点をご紹介

公開日:2020/02/22 / 最終更新日:2020/05/23

徳永 真理徳永 真理先生

シミ対策には米ぬか洗顔が効く? 正しいやり方と注意点をご紹介

いつの間にか次々とできてしまう顔のシミ。シミ対策は多くの方法が紹介されていますが、米ぬかを使った「米ぬか洗顔」も効果的なことをご存知でしょうか。

今回は、さまざまな肌トラブルに効果がある米ぬか洗顔の効果や正しいやり方や注意点をご紹介します。

■米ぬか洗顔の効果

・美白効果

米ぬかには抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なので、メラニンの生成を抑えることができます。また、米ぬかに含まれるオリザノールやフェルラ酸という成分もメラニン抑制に効果的です。

さらに、肌のターンオーバーに必要なビタミンBやビタミンCも豊富なので、米ぬか洗顔を行うことで肌の調子を整え、白く美しい肌を作ることができます。

・保湿効果

米ぬかにはセラミドをはじめとした保湿成分が含まれています。また、適度に油分もあるので、洗顔後に肌がつっぱるようなこともありません。

■米ぬか洗顔の方法

米ぬか洗顔は、米ぬかさえ用意すれば自宅でも簡単に行うことができます。

・基本の米ぬか洗顔

まず、米ぬかをぬか袋に大さじ3杯程度入れ、袋の口を絞ります。ぬか袋が無い場合は、使わなくなったハンカチやガーゼで代用しましょう。袋をぬるま湯につけ、お湯が白く濁るまで揉み込んだら、そのお湯を使って洗顔します。

または、ぬか袋を軽く顔に当ててマッサージするのもお勧めです。マッサージの際は、ぬか袋を優しく顔に当てるように行います。強くこすると肌に刺激を与えてしまうので注意しましょう。

・米ぬかパックもお勧め

適量の米ぬかをぬるま湯で溶かして、米ぬかパックにするのもお勧めです。お湯が多すぎると肌に塗りづらいため、ぬか床くらいの硬さを目安に作ります。

米ぬかが程よい硬さになったら、肌の気になる部分にパックします。5分程度したら、しっかり洗い流してください。肌を傷つけないよう、優しく洗い落とすことを心掛けましょう。

■米ぬか洗顔の注意点

手軽に美肌効果を得られる米ぬか洗顔ですが、行う際には注意したい点もいくつかあります。

・パッチテストを行う

米ぬかでアレルギー反応を起こす場合もあるので、使用前にパッチテストを行う必要があります。
米ぬかを溶かしたぬるま湯を少量腕に塗って1日おき、問題がないかどうか確かめてから米ぬか洗顔をはじめましょう。

・早めに使いきる

米ぬかは生ものなので傷みやすいです。冷蔵保存する場合で2週間程度、冷凍の場合でも2ヶ月程度を目安に使いきる必要があります。
また、雑菌などが繁殖する恐れがあるため、1度使った米ぬかを使いまわすことも厳禁です。

・無農薬のものを選ぶ

漬物用の米ぬかには、食塩や唐辛子などの添加物が含まれている場合もあります。米ぬか洗顔に使用する米ぬかは、無農薬で栽培された食用のものがお勧めです。

・連続で行わない

米ぬか洗顔は毎日行う必要はありません。毎日行うと、かえって肌に負担をかけてしまう可能性もあります。
一週間に1、2回くらいを目安に、最低でも1日以上は間隔を空けて行うように心掛けましょう。

栄養豊富な米ぬかは美白効果に保湿ケアなど、多くの効果があります。簡単に自作することができるので、シミなどの肌トラブルに悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

徳永 真理

徳永 真理先生とくなが まり

シロノクリニック銀座

「手術をしない美容医療によって、美しくすることができる」ところに魅力を感じて、美容皮膚科へ。注入箇所・量、デザインの精密な見極めが要求される、ボトックスやヒアルロン酸注入を得意としています。シロノクリニックのリーダー的存在、全治療のエキスパートです。