美容・健康にはお酢が効果絶大! 上手な使い方をご紹介

公開日:2020/02/20 / 最終更新日:2020/05/23

大野 由実大野 由実先生

美容・健康にはお酢が効果絶大! 上手な使い方をご紹介

食酢や黒酢、米酢、果実酢、ビネガーなど、豊富な種類があるお酢は、料理に使ったり飲み物としてアレンジしたりなど、私たちの身近にある調味料のひとつです。
お酢は体に良いことでも有名ですが、実際どのような効果があるのでしょうか。上手なお酢の使い方と合わせてご紹介します。

■お酢の美容・健康効果とは

美容や健康に良いといわれるお酢には、次のような効果があります。

・内臓脂肪の蓄積を抑える

お酢に含まれる酢酸が脂肪の合成を抑制し、さらにアミノ酸によって脂肪燃焼を促進する働きがあるといわれています。
お酢を摂ることで内臓脂肪や皮下脂肪が減少するので、ウエストがすっきりしたり、メタボを予防したりするのに効果的です。

・食後の血糖値上昇をゆるやかにする

食後に血糖値が急上昇すると、糖を脂肪に変えて溜め込む働きを持つインスリンが多く分泌されてしまいます。お酢には糖の吸収を抑え、血糖値の上昇をゆるやかにする効果があるので、食事にお酢を摂り入れることで太りにくくなるのです。

・腸内環境の改善

お酢が胃酸の分泌を活発にして腸を刺激したり、善玉菌を増やしたりするため、便秘解消につながります。また、腸内環境が整うことで老廃物がスムーズに排出されるので、肌トラブルやダイエットにも効果的です。

・トラブルのない若々しい肌へ

過酸化脂質の増加を抑えたり、ビタミンCを破壊する酵素の働きを抑制したりする力があるなど、肌荒れや老化防止につながる美肌効果が期待できます。

■お酢の効果を発揮するための上手な使い方

お酢の効果を最大限に発揮するためには、毎日摂り続けることがポイントです。1日に大さじ1~2杯を目安に摂取しましょう。ただしお酢を多く摂り過ぎると、歯の表面にあるエナメル質を溶かしたり、胃を荒らしてしまったりすることがあります。
お酢を摂った後はしっかり歯を磨く、空腹時を避け食後や食中に摂るなどの注意が必要です。

また、お酢は原液のままだと酸性度が高いので、必ず料理に使うか、水や炭酸水で割って摂取するようにしましょう。飲み物として使用する場合は、黒酢や果実酢など飲みやすいお酢を選ぶのもお勧めです。

■効果的にお酢を摂り入れて健康や美容効果を最大限に

お酢は健康や美容に効果的ですが、大量に摂取すると体調を崩してしまうこともあります。味の種類が豊富で飽きずに続けやすいので、使い方のポイントを抑えて、毎日少しずつ摂り入れていくようにしましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。