顔の印象は目元で決まる? 目元ケアの方法を悩み別にご紹介

公開日:2020/01/21 / 最終更新日:2020/05/26

徳永 真理徳永 真理先生

顔の印象は目元で決まる? 目元ケアの方法を悩み別にご紹介

目の下のクマ、目尻のシワやたるみ……。目元は顔の印象を大きく左右すると同時に、多くのトラブルに悩まされるパーツでもあります。

より若々しく健康的な印象を与えるためには、目元のケアが重要です。ここでは、目元の悩みの原因と、悩み別にケアの方法をご紹介します。

■多い目元の悩みの原因

目の下にできるクマは、大きく3つのタイプに分けることができます。すべて不健康なイメージがあるだけでなく、化粧ノリが悪くなるなどの悩みにもつながります。

【黒クマ】
皮膚のたるみなどが原因で目の下がくぼみ、その影がくすんで見えてしまいます。

【青クマ】
睡眠時間や栄養の不足による血行不良が原因で、毛細血管が青っぽく見えてできるクマです。

【茶クマ】
紫外線や摩擦が原因で、色素が沈着したことにより現れます。

・シワ

目元は皮膚が薄いため、紫外線などのダメージで皮膚が乾燥してしまいます。その結果として、小さなシワができやすくなってしまうのです。また、まばたきにより皮膚が多く動く部位なので、肌の中でも特にシワができやすいです。

・たるみ

目の周りには眼輪筋という筋肉がありますが、これが衰えるとまぶたの脂肪を支えきれなくなり、たるみが進行してしまいます。

■悩み別の目元ケアの方法

それでは上記の悩みに対して、どのようなケアを行えば良いのでしょうか。

・クマのケア

【黒クマ】
皮膚のたるみを解消する必要があります。保湿を重点的に行いながら、たるみを改善するためのマッサージを行うと良いでしょう。

【青クマ】
血行不良による青クマの場合は、マッサージや目元を温めたりして血流を良くするケアが効果的です。

【茶クマ】
茶クマも青クマと同じく、血流を良くして肌のターンオーバーを促す必要があります。保湿など日常的なケアだけでなく、生活習慣にも気を使うことが大切です。

・シワケア

シワのケアには保湿がマストですが、皮膚が薄い目元は水分を保ちにくいです。化粧水や乳液だけでなく、アイクリームなども利用して重点的にケアを行いましょう。パソコンやスマホなどで目を酷使しがちな場合は、アイマスクなども活用すると効果的です。

また、紫外線もシワの原因となります。日焼け止めやサングラスで、日差しから目元を守ることも大切です。

・たるみのケア

たるみの原因である眼輪筋を始め、表情筋を鍛えることを心掛けましょう。おでこを押さえながら、目をぎゅっと閉じたり開いたりすることで、眼輪筋を鍛えることができます。

また、マッサージで血行を促進させるのも効果的です。マッサージを行う際は、力を入れすぎないように注意しましょう。

目元のケアはマッサージや保湿など、悩みに合わせて行うことでより効果を実感できます。ただし力を入れすぎると、皮膚が傷つき逆効果になる恐れがあるため、注意深く行うことが大切です。

Profile このコラムは私が担当しました!

徳永 真理

徳永 真理先生とくなが まり

シロノクリニック銀座

「手術をしない美容医療によって、美しくすることができる」ところに魅力を感じて、美容皮膚科へ。注入箇所・量、デザインの精密な見極めが要求される、ボトックスやヒアルロン酸注入を得意としています。シロノクリニックのリーダー的存在、全治療のエキスパートです。