黒ニキビは自分で治せる? 意外と知らない原因&ケア方法とは

公開日:2019/11/18 / 最終更新日:2020/06/09

江馬 潤江馬 潤先生

黒ニキビは自分で治せる? 意外と知らない原因&ケア方法とは

黒ニキビは赤みや痛みをともなわないため、意外と見落としがちな肌トラブルです。しかし、放っておくと炎症を起こして赤ニキビに悪化することもありますので、早めのケアが必要になります。そもそも黒ニキビはどのような状態のことを指すのか、発生原因と一緒にご紹介します。

黒ニキビはどのような状態?

黒ニキビは、白ニキビから症状が少し進んだ状態です。炎症は起きていませんが毛穴が広がって皮脂が空気にさらされているため、酸化による黒ずみが発生しています。黒ニキビは顔だけでなく、皮脂分泌が活発な胸や背中にできることもあります。シミやホクロのようにも見えることから、コンプレックスに感じている方も少なくありません。

黒ニキの原因

黒ニキビの原因には、皮膚のターンオーバーの乱れが関係しています。ターンオーバーが正常に働かないと、剥がれるはずだった古い角質が毛穴を塞ぎます。その毛穴に皮脂が詰まると白ニキビになり、それが酸化することで黒ニキビになってしまうのです。肌の乾燥や体の冷え、睡眠不足や偏った食生活などがターンオーバーの乱れを招くので、スキンケアと生活習慣の両方を見直すことが大切です。

黒ニキビのケア方法

蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔する

黒ニキビは炎症が起きていない段階なので、セルフケアでの改善が期待できます。まずは毛穴の詰まりを改善するために、蒸しタオルで皮膚を温めてから洗顔しましょう。電子レンジで作った蒸しタオルを1~2分ほど顔に当てたのち、しっかりと泡立てた洗顔料を使って優しく洗います。これですぐに黒ニキビが解消できるわけではありませんが、毛穴が開いて中に詰まった汚れが落ちやすくなります。

角質を柔らかくする化粧品を使う

黒ニキビの改善には、AHA配合の美容液「ドクターシーラボ:エンリッチリフトナイトピールVC」を使ったケアも効果的です。AHAは角質の主成分であるタンパク質を柔らかくするため、毛穴の詰まりを解消しやすくしてくれます。こちらも一度で結果を求めずに、コツコツと使い続けることがポイントです。

体を温めて新陳代謝を活発にする

体が冷えると肌のターンオーバーが滞って、古い角質が溜まりやすくなります。運動や入浴などでじっくり体を温めて、柔らかく柔軟な皮膚を保つようにしましょう。汗や老廃物を排出すると毛穴が詰まりにくくなるため、黒ニキビの予防につながります。

黒ニキビはニキビの初期段階ですから、適切なケアをおこなえば早い改善が期待できます。角質ケアや温活などで肌のターンオーバーに働きかけて、キレイな毛穴を取り戻しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

江馬 潤

江馬 潤先生えま じゅん

シロノクリニック恵比寿

内科研修を経て、美容皮膚科に携わる。患者さまお一人おひとりの気持ちに寄り添い、丁寧に対応するよう心掛けています。人生を楽しく過ごせるよう、一人でも多くの方のお悩みを全力でサポートします。